概 要会頭挨拶|プログラム|参加申込|広告・展示・物品提供のご依頼 |演題登録 
会頭挨拶

第14回日本給食経営管理学会学術総会開催にあたって

 この度、第 14 回日本給食経営管理学会学術総会を、2018年11月24日(土)〜25日(日)の2日間、女子栄養大学坂戸キャンパスにおいて開催させていただくこととなりました。日本給食経営管理学会は、2004年11月に設立され、健康増進を目的とする給食に関わる学問領域の理論および技術を給食経営管理として体系化し、学際的、実践的研究を促進、知識の交換、情報の提供を行うことにより、給食経営の進歩を図り、国民の健康増進に寄与することを目的としております。設立以来徐々に会員数も増え、当初の目標である産学連携を標榜し、活動を広げてまいりました。
 今回の学術総会では、「給食の経営管理を考える −おいしさと効率−」をメインテーマとしました。給食にとっては永遠のテーマであります。国民の健康長寿につながる「おいしい」給食提供の重要性がますます高まるなか、給食の経営は種々困難な局面にあるともいえます。給食の直面する課題を共有し、いかに求められる品質を実現するか産学連携の取り組みとして今後の展開を考える機会にしたいと考えています。おりしも本学会が中心的役割を担っている「健康な食事・食環境」認証制度が本年4月よりスタートすることから、給食施設での実践事例の報告や、メインテーマである美味しさと効率を実現するための調理システムについて企画をたてているところです。
 多くの皆様方のご参加をお待ちしております。

第14回日本給食経営管理学会学術総会
会頭 三好恵子